生まれてはじめて

2018年1月17日、今いちばん好きな子のCDデビューが決まりました。こんな経験多分二度とないし、今の気持ちをなんとなく残しておきたいって思ったので、暇な移動時間を使って少しずつ文字に書き起こしてみようと思います。


わたしはジュニア担初心者ってこともあって、ジュニアを担当したのも岸くんが2人目で、1人目は2ヶ月くらいしか担当していなかったので、実質わたしにとって岸くんが最初の自担、もちろん自担がデビューするということはわたしにとって初めての経験でした。


高校生まではデビュー組…というより事務所担って感じで、好きって思ったらとりあえずコンサートに行くっていうスタンスでジャニヲタを楽しんでたなぁ。それまでのわたしは一人の人を応援するっていうより、どちらかといえばどのグループも箱推しで、その中では◯◯が好きだからこの人を担当にしよう!って感じでした。


大学受験を機に一度ヲタ卒して、その後ひょんなことからまた出戻りして、出戻って最初に好きになったのが永瀬廉くん、後に現担当の岸くんと同じグループでデビューすることになる、関西ジャニーズJr.でした。きっかけは、少クラを見ていて誕生日一緒のこの子顔がかわいいし声が好き…とかそんな理由で、関ジュ映画の舞台挨拶に行ったら簡単に落とされたって感じでした(笑)年下のジャニーズに落ちたのもこれが初めてでした。


それから一ヶ月半くらいして、とある現場で岸優太くんに出会いました。特にファンサされた記憶もなく、今でも好きになった決定的な要因がイマイチわからなくて、でも当時のツイートやらを見てると、キラキラして見えてたみたいです。恋?その日からわたしの人生は岸優太くんを中心に回り始めました。こんな経験初めてでした。わたしがここまで好きになれるというか、夢中になれるものがあるんだなあって。


わたしはこの時同じ括りだったセクシーボーイズの5人が大好きで大好きで仕方なくて、今この5人でデビューしてくれたら全財産つぎ込んでしまう…とか思ったりもしてました。今考えてみたらたぶん半分くらいユニ担みたいなかんじだったなあ。そして次の年のクリエで括りが完全に分かれてしまった時はほんとにめっちゃ落ち込んだなあ。今思えば、そんな時代もあったなあ(笑)ってかんじ。もちろん今でもあの5人時代の少クラやらなんやらをたまに見るとやっぱ好きだなあかわいいなあって思うし、今でもあらちか大好きだけど、これもひとつのいい思い出だなあって心穏やかに見ることができるようになりました。いつのまにか、岸くんさえいれば!岸くんのいるところがわたしの好きなところ!ってスタンスになっていました。箱推しでしかアイドルを応援したことがなかったわたしをそこまでにさせる岸くんのすごさに驚かされました。


Princeっていうユニットに所属してても、無意識のうちにPrinceの岸優太くんってより、ジャニーズJr.の岸優太くんっていう認識で応援してました。決してPrinceが嫌いとかそういうわけじゃなくて、むしろすごく好きなんだけど…うーん…言葉にするのが難しい…笑


多分おそらく、明日どうなるかわからないジュニアを箱推してしまうと後々つらいっていう一種のトラウマみたいなものがあったから、岸くんにとって初めてのユニットのMr.King vs Mr.Princeが結成されても、岸くんしか見えてなかったし、人気者が集められたグループに岸くんもいれてもらえたのすごいなあって感じで見てました。ただ、特別公演は本当に本当に楽しくて、とくにBounce to nightが披露されてからの8月はもっと楽しくなっていって、キンプリって天才か…!?って思ったりもしてました。行く予定のなかったはずの特別公演最終日にも気づいたら行っていました。そして、2015年の少クラで最後にキンプリとして歌ったハロー春色を見て、キンプリかわいい…!愛しい…!って心の底から初めて思ってしまいました。そう思った時にはもう、キングとプリンスはバラバラでした。気づいたらプリンスだけMr.が取られてしまって、次のジャニワにもプリンスの名前だけなく、これといった現場もなく、またすぐ会えるから!ってなんだったの…?ってそこから半年間は本当につらい毎日でした。唯一の救いは黒崎くんだったなあ。


なんだかんだキングはいつも最前線にいて、半年に一回くらい次こそデビューだって言われてたイメージでした。男ネバギバのMステでDream Boysです!って自己紹介してたときは、デビューするんだなあ…って思ったし、キンプリが結成されてMステとかでたときも、ああデビューするんだなあ…って思ったし、何回も裏切られてきた(?)せいで、もうデビューってないのかなあって思ってました。だから、この間の特別番組の番協もまたいつもの会見かななんて思ってスルーしてました(そもそも仕事で行けない)


そして1月17日、仕事が終わって同期と喋ってたときにふと携帯を見たら、友達からキンプリデビュー!っていうLINEの通知が見えて、そのときは、またなにかキンプリで大きな仕事でも決まったのかなあくらいに思ってて、ちょっと辿ってみたらオリコンのURLとかが載っててどうやらガチらしいとわかり、そこから血の気が引いてきて息が切れはじめて、立ってられなくなって、一緒にいた同期に心配されだして(笑)でもヲタクってバラしてないから言えなくて、具合悪い?ご飯また今度でもいいよ?なんて言ってもらってしまったりしたので、とりあえず一旦忘れようと。一人になってから夜家までの道で突然ポロポロ涙が出てきて、わたし知らぬ間に涙こらえてたんだなあって(笑)なんの涙なのかよくわからなくて、とりあえず驚きの涙だったのかなあ。


デビューするっていうことは、ジャニーズJr.じゃなくなるってことで、環境がガラリと変わるわけじゃないですか。ジャニーズJr.の岸優太くんからKing&Princeの岸優太くんになるわけで。ジャニーズJr.を卒業してKing&Princeに入学するようなものじゃないですか。(しつこい)
演技してるとこも、バラエティ出てるとこも、みんなみんな大好きだけど、やっぱりバックでガッシガシ踊ってる岸くんが一番好きだったし、好きになった要因でもあるから、もうバックで踊ってるところを見ることもほんとになくなっちゃうんだなあっていうのが一番寂しかったのかなあ。セクゾのバックを完全に卒業した去年のセクゾの横アリを見ながらも大泣きしてたわたしでした。次の日は会社にいる時間以外ほぼ泣いてました。


でもよくよく考えてみたら、ジャニーズJr.のファンとしてはもう十分なくらい楽しませてもらったかなあって。それは岸くんがほんとにほんとに努力してずっと前を向いてまじめに頑張ってくれてたおかげだと思うし、ほんとにほんとにわたしは岸優太くんのファンになれてよかったなあ、幸せ者だなあって改めて感じました。


デビュー発表があって数日経って、もうわたしの中の寂しさはほぼなくなりました!わたし的にはキンプリでのデビューって一番望ましい形だったんじゃないかって。Princeの曲もキンプリの曲も全部生き残る可能性があるってすごいなぁって。全部どれも思い出が詰まってて本当に好きだから、キンプリでデビューが決まってよかったなぁ。主犯の平野ありがとう。


公式写真は岸くんが写ってるか写ってないかで買うか買わないかを決めてたわたしが、キンプリの幼稚園ステフォ揃えたい!なんて思ったのは自分でも驚きました。デビュー組の担当になるってこういうことなのかなあって。まだ個人担の名残があるからどうしても岸くんしか見えないこともあるかもしれないけど、少しずつユニ担にもなれたらいいなあって思ってます。

 

ブログをちんたら書いてるあいだにファンクラブまでできて驚きました(笑)なんか少しずつ実感が沸いてきてどんどんわくわくしてます。会員証届くのとかほんとーーーーーにたのしみ!!!けど、たまにふとひとりでぼーっとしてると、岸くんほんとにデビューしちゃうんだなあって無意識のうちに涙が流れてきたりします(笑)きしくんのヲタクをしているときはいつでも情緒不安定だったから今に始まったことじゃないかなあ(?)

 


とりあえず、この先いろんなことがあるかもしれないけど、キンプリは最強で最高なグループだから絶対大丈夫!6人なら絶対売れる!だってわたしがだいすきな岸優太くんがいるんだもんね!わたしの誇り!だいすき!これからもきしくんらしく無理してがんばれ!

 

 

 

 

改めて、岸優太くんCDデビューほんとにほんとにほんとにおめでとう!!!!!!!!あまりこういうこと言うタイプじゃないけど確信してる!あなたがきっと最後の自担!!!!!!だいすき!!!!!!